日吉神社 Hiyoshi Shrine
  English

HOME | 御由緒 | 文化財

文化財

文化財

日吉神社祭礼囃子は昭和39年12月10日に昭島市無形文化財に指定されました。榊祭は昭和50年2月6日に東京都無形民俗文化財(民俗芸能)に指定されました。
本殿彫刻、拝殿格天井花鳥画70面、板壁絵2面、幣殿杉戸絵4面は一括で昭和56年4月23日に昭島市有形文化財に指定されました。これらは安政2年(1855年)に造られたとされています。
また隣接する大日堂境域及び日吉神社境域 は歴史的建造物などの旧態をよく保持した都内でも数少ない貴重な存在として平成4年3月30日に東京都史跡に指定されました。
平成17年度~20年度の4年間をかけた日吉神社社殿保存修理工事は東京都の補助を受け平成20年6月に完成いたしました。平成21年4月19日に日吉神社平成保存修理落成祝賀会が開催されました。

以上のように、日吉神社では貴重な文化財を保持しております。その文化財を火災などから守るため大日堂(普明寺)を含めて近隣の3つの自治会(坂上自治会、森の上自治会、坂下自治会)および普明寺檀徒会、日吉神社氏子総代会との間で平成21年3月4日に文化財防火安全に関する協定書を結び協力体制を引いております。このような協定は近隣でも珍しく、この地域の人々の文化財並びに防火に対する関心の高さを示して
いる証左です。産経新聞多摩版平成21年3月5日の記事参照。
 

日吉神社御本殿画像

朝日に映える保存修理された日吉神社御本殿。(昭島市拝島町の大野伊左男様提供)

本殿彫刻1
本殿彫刻2
本殿彫刻3
拝殿格天井花鳥画
本殿彫刻及び拝殿格天井花鳥画 (いずれも昭島市有形文化財)。
昭島市緑町在住の小林秋雄様提供。

中国の詩人白居易(はくきょい) [白楽天(はくらくてん)] の「竹林(ちくりん)の七賢(しちけん)」を題材にしたものです。中国 晋(しん)の時代(三世紀後半)は世が乱れて、役人達の生活態度は政治権力に盲従して、いわゆる汚職がはびこり、上役にはへつらい従って、形式的な上下関係や礼儀作法など、腐敗しきっていました。七賢人はこれを嘆いて竹林に集まり、役人達のあるべき道徳性を説いて、世論の中心的存在となりました。この彫刻ではこの古事にならって、九賢人(一面に三賢人ずつ3面に登場している)が、「親孝行」「勤労」「年長尊敬」などをテーマとして、親孝行に励み、勤労を通して学業に精を出し、年長者(九賢人)、即ち、親や先生や先輩達の指導によってそれぞれの人生経験を参考にしながら、自分の進むべき道に活かす方法を自らの手で探し出して欲しいと言う願望を託して描いています。近隣にも類を見ない傑作として昭和56年4月23日付けで昭島市文化財の指定を受けました。[彫師(ほりし) 谷部建次郎良長(やべたてじろうよしなが)の作画により塗師(ぬりし) 谷部重次郎(やべじゅうじろう)の筆により彩色され1855年に完成しました。]

日吉神社 Hiyoshi Jinja Shrine
  日本語 |  English

 [連絡先]
〒196-0002
東京都昭島市拝島町1-10-19
電話/FAX 042-544-0636
Twitterアカウント:@hiyoshi_jinja

Twitterのサイトはこちら

 

 
エッグレジェンドインターナショナル東京
The Art of Eggsが丸善より出版されました。