日吉神社 Hiyoshi Shrine
  English

HOME | 御由緒 | 神社関係年表

神社関係年表

年表

天暦6年(952年)拝島山密厳浄土寺(みつごんじょうどじ)と号す大日堂は多摩川洪水の際に中洲に流れ着いた大日如来の木像を大神の浄土にあった浄土寺に安置していたが、滝山城築城の折にその鬼門除けとして当地に移した。(大日堂の起こり)(拝島の由来)(日吉神社の創建。)
 
天正年間(1573-1591年)北条氏照の家臣石川土佐守の7歳の娘、於ねいの眼病を祈願、井戸で眼を洗ったところ、平癒したので堂宇を再建、8寺院を建立。(大日八坊)
普明寺、本覺院、圓福寺、智満寺、龍泉寺、蓮往院、密乗坊、明王院。(この頃日吉神社の創建ともいわれる。)
 
元亀2年(1571年)織田信長による延暦寺焼き討ちの際、慈恵大師の像を敬甚大僧都が救出し諸国を回ったが天正6年(1578年)大日八坊の一つである本覺院に安置した。(拝島大師の起こり)
 
亨保17年(1732年)に大日堂大再興が行われ大日堂の位置を石段上の現在地に移す。
 
寛保元年(1741年)9月5日 日吉神社第1回目の再建。(将軍吉宗)山王社宗源宣旨により山王大権現の称号を許され(それまでは山王社と称していた。)当時の普明寺住職順栄はこれを記念して社殿の再建及び神輿の新造などを計画し氏子と協議し一月一文を全氏子から寄付するとした。
 
明和 4 年(1767年)(将軍家治)村民(氏子)寄付を承諾するにあたって先ず神輿の新造を希望したため神輿が完成した明和4年9月19日第一回の神輿の渡御の神事を行った。(山王祭礼図絵)
 
文政13年(1830年)(将軍家斉)神輿行列(神事)からかつぎ屋台を分離し上宿、中宿、下宿の3台の屋台となる。(加美町祭礼勘定帳)
 
嘉永4年(1851年)9月1日 第2回目の再建。本殿・幣殿・拝殿の修復と鳥居・神橋の再建起工。
 
嘉永5年(1852年)9月9日 本殿・幣殿・拝殿の修復と鳥居・神橋の再建竣工。
 
安政2年(1855年)9月9日 本社修復、幣殿・拝殿・鳥居・神橋竣工の大法要。
元治元年(1864年)(将軍家茂)神幸行列より榊を分離し祭礼当日早朝に行われる。(午前0時―午前4時)(加美町祭礼勧進帳)
 
明治2年(1869年) 神仏分離令により普明寺の管理から離れ神社の名称も日吉神社とする。中宿屋台完成(二代目)
 
明治3年(1870年)上宿屋台完成(二代目)
 
明治21年(1888年)下宿屋台完成(二代目)
 
明治28年(1895年)手水舎建立。
 
昭和30年頃   祭の日時を9月19日からそれに近い日曜日に変更 。
 
昭和30年代  賀美町の十松囃子が全関東お囃子コンクールで3年連続優勝し、 NHK テレビ(宮田輝司会、渡辺紳一郎、藤原アキの解答陣による「それは私です」を通じて全国に紹介された。地元ではこの由緒伝承を永く後世に伝えるために、「拝島町日吉神社奉納囃子保存会」を結成。
 
昭和39年12月1日(1964年) 奉納囃子が昭島市無形文化財(技芸)指定
 
昭和43年(1968年)第3回目の修復。明治百年を記念し「拝島日吉神社御社殿復元奉賛会」を結成して御本殿の彫刻彩色の復元と神輿の修復彩色を完成。
 
昭和50年2月6日 (1975年)榊祭りが東京都無形民俗文化財(郷土芸能)指定
 
昭和53年  テレビ第12チャンネル 東京都提供の「東京レポート、午前0時、俺達の祭―榊祭り」として放映。
 
平成4年3月30日 (1992年)大日堂境域及び日吉神社境域が東京都史跡指定
 
平成17年 (2005年) 第4回目の修復着手。日吉神社社殿修理工事。
 
平成20年 (2008年) 日吉神社社殿修理工事竣工
 
平成28年 (2016年)9月3日 250周年記念式典開催。神輿の修理竣工祭。

日吉神社 Hiyoshi Jinja Shrine
  日本語 |  English

 [連絡先]
〒196-0002
東京都昭島市拝島町1-10-19
電話/FAX 042-544-0636
Twitterアカウント:@hiyoshi_jinja

Twitterのサイトはこちら

 

 
エッグレジェンドインターナショナル東京
The Art of Eggsが丸善より出版されました。